インフルエンザワクチン 接種できない

大病にかかる体力がない」について

インフルエンザが流行しているようだ。先月だったか、孫娘も寝込んだといっていた。孫たちはワクチンを打っているはずだが、感染の猛威には勝てなかったようだ。


友だちは、先ごろ風邪を引いて、多分インフルエンザだと思うけれど大したことなく治ったといっていた。 「ワクチンでは感染が防げない」 という話も見聞きするが、たとえ防げなくても軽症で済むことは確からしい。 

高齢者は特にインフルエンザワクチンを打ったほうがよいといわれるが、高齢者と一くくりにされても困る事情が私にはある。   虚弱体質で、特異体質で、過敏症で、その上頭も悪く (インフルエンザには余り関係がないか ) …… うっかりワクチンを打ったら、予防どころかそれが体の中に取り込まれてインフルエンザにかかりそうな気がする。


今までは 「そんなの注射するのが嫌だからでしょう」 などと思っていたに違いない姉も、最近では 「あなたの場合、何が起きるかわからないからやめたほうがよい」 というようになった。やっと理解者ができたことは百万の味方を得たようでうれしい。余分なものを体内に入れられない者もいる。

ワクチンを打たないかわりに、人様の迷惑にならぬよう体調には十分に気をつけて、変だと思ったら即休養を心がけている。これで悪化して命を落としたら、それは私の運命だ。1人でも高齢者人口が減れば、世のため人のためというものだ。 

ワクチンを打っておくと、たとえインフルエンザにかかっても軽く済むことは間違いないようなので、体力に自信のある人には、お勧めだ。   

この記事へのコメント

2015年08月02日 17:56
はじめまして。

ワクチンには懐疑的な者です
<ワクチンを打っておくと、たとえインフルエンザにかかっても軽く済むことは間違いないようなので、体力に自信のある人には、お勧めだ。

宮城県大崎市のさとう内科さんは、インフルエンザワクチンは効かない、とおっしゃています。ワクチンは製薬会社の陰謀と言う人もいますよ。
2015年08月02日 19:17
mayflowerさん、コメントありがとうございました。

製薬会社の陰謀説は、子宮頸がんワクチンとか、他にもいろいろありますねー。ワ・クときたら要注意    小野口純子

この記事へのトラックバック