ワイパー破壊の犯人はカラス

カラスが餓死」について

松江市東出雲町の住宅街で今春、車のワイパーが壊される被害が約40件相次いだ。

被害届を受けた島根県警松江署が延べ約50人の捜査員を投入するなど捜査。警戒のため設置した防犯カメラに映っていた “犯人” は、カラスだった。巣作りに利用した可能性があり、松江署も 「カラスじゃ逮捕もできない」 と困惑気味だ。      カラスです 

被害は今年2月頃に始まり、約300メートル四方の住宅街で、車に取りつけられたワイパーのゴムが引きちぎられるなどの被害が続いた。松江署は、日中には住宅街で覆面パトカーを頻繁に走らせ、夜間も警察官が張り込むなど、万全の警戒体制で犯人を待ちかまえ、防犯カメラも設置した。 


カラスが犯人では、せっかく夜中に張り込んだのに検挙もできずお疲れさまでした  


そのあたりのカラスは腰痛持ちで、低反発の良質なベッドが欲しかったに違いない。それなら、巣づくりの時期には古タイヤを刻んでまちの片隅にでも用意しておけば、ワイパーは壊されず、ごみの再利用にもなるのではないか     まあ、巣立った後はごみが残るが、ワイパー被害に遭うよりはずっといい 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック