ペットボトルの形状のヒ・ミ・ツ

電池のサイズが合わないときの対処法」について

つるっとした丸いペットボトルと凸凹した四角いペットボトルの違いは、大きく二つあるという。

一つ目は 「中身が炭酸飲料かどうか」  
炭酸飲料を入れた場合、どうしてもペットボトルの内部から圧力がかかるが、丸い形だと中心部からの圧が均等にかかるため変形しにくい。その証拠に、凸凹した四角いペットボトルに炭酸飲料を入れて、しっかりふたをした上で軽く振ると……あっという間にパンパンにふくれて丸い形に変形してしまう。

炭酸飲料以外の多くは、いったん熱殺菌してから充填する。  (copy; 東洋経済オンライン 提供)  

二つ目が 「注ぐ中身が熱いかどうか」  
熱いかどうかというのは、ホット飲料かどうかということではない。ペットボトルで展開されている飲料のうち、炭酸飲料以外の多くは、いったん80~90度Cにして熱殺菌されてから充填されている。果汁飲料や乳酸系飲料、スポーツ飲料など冷えた状態で飲むのが当たり前の商品も、まずは熱々に熱殺菌されてから充填され、後から冷却処理されている。

この熱い液体を冷却するときに、容器の外側からかかる圧力に耐えられるようにするため、凸凹がある。この凸凹構造のことを、正式には 「減圧吸収パネル」 と呼び、このパネルがあるペットボトルのことを 「多角ペットボトル」 と呼ぶ。減圧吸収パネルがあることで、ペットボトルにたくさんの角ができ、より圧力に対して強力なものができあがる。

その証拠に、減圧吸収パネルがない、つるっとした丸い形のペットボトルに熱湯を入れて、その後、氷水につけて冷却すると外側からの圧力に耐え切れず、これまた大きく変形してしまう。

ちなみに、炭酸飲料は殺菌していないのかというと、実はそうではない。炭酸飲料の場合、直接熱殺菌すると炭酸が抜けてしまうため、ペットボトルに充填した後熱水シャワーをかけて、容器の外から殺菌しているのだ。

この 「いかに殺菌するか」 という発想を 「いかに除菌するか」 という発想に変えることで、充填方法を大きく進化させることに成功している。


まだいろいろ書いてあったが、とりあえず私が一番興味を持ったものだけ列挙した  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック