ガムをかみ過ぎると大規模手術

タンポンが原因で脚を失ったモデル」について

健康のために毎日ガムを5時間以上かみ続けた女性。 

あごの使い過ぎで大規模な手術を受けることになった38歳の女性、クレア・エンブレトン。ガムをかみ続けて5年ほどたったある日突然あごが正常に開かなくなり、激痛が走ったという。

中毒ではなかったと思うけど、習慣になっていたと本人はいう。平日は5時間、週末には最長7時間ほどかんでいた。食後やお酒の後にはガムをかみ、(健康のために) 砂糖なしのものだけを選んでいた。異変を感じたのは2年ほど前からで、食事の際あごの関節がカクッとする違和感を覚えていたが特に痛みはなく心配していなかった。

だが昨年、お気に入りのガムをかんでいたある日、急にあごが開かなくなった。 「本当に怖かった。直前まで笑ったり話したり普通にしていたのに、突然あごが動かなくなってしまった。激痛が走り、話すことも食べること正常にできなくなった」 と振り返る。それ以来、彼女の口は従来どおり開いたことがないという。

病院で彼女は顎関節症と診断され、その後、半年以上にわたり理学療法、さらには関節鏡検査と呼ばれる手術で厚くなった軟骨を取り除くなどの処置を受けてきたが効果があらわれず、近くあごの関節を金属でできたパーツと入れかえる大規模な手術を行なうという。 「両側の耳や首にまでわたる大規模な手術で、傷跡が残る可能性もある。


これは極端な例で、本人は中毒ではないと思っているようだが、依存症に近いのではないか。禁煙しようとする人が何か口の中に入っていないと落ち着かないといってガムをかむ話を聞いたことがある。

口の筋肉を鍛えるためにガムを利用することはあるが、一日に5時間も7時間も口を動かしているのは異常だ。
  


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック