スカウトはスポーツと芸能関係だけではなかった

右利きと左利きが座るとき」について

10月31日に名古屋国際会議場で中学校の吹奏楽コンクール全国大会が開かれた。

孫娘が出場した学校がめでたく金賞に輝いた。   1年生のときにただ1人出場した一昨年も金賞の栄誉に輝いた。その感動に支えられて3年間頑張って、ことしも全国大会に出場し金賞も受賞できてうれしい限りだ。 

都の代表を決めるときには私も息子の車で他の2人の父親と一緒に応援に行った。親たちは、ほぼ代表になることを予想していたらしい。一番最初に孫たちの中学校が演奏し、その後、競合相手校の演奏が終わると、安心したようにたばこを吸いに  みんな出ていった。私はせっかく来たのだからと午前中全てを聞いて電車で帰宅した。夕方、息子から 「名古屋行きが決まったよ」 とメールが入った。

今回は夜になってもメールが来ないのでだめだったのかと思っていたら、翌朝 「昨晩、金賞取ったよ」 とメールが来た。全国大会ともなると出場校が多いから審査結果が夜にかかったようだ。その後、応援に駆けつけた父母たちとドンチャン騒ぎになってメールどころではなかったらしい。 



都大会に向かう車中で、朝早かったのでうとうとしていると、息子が同乗している父親と話をしているのが聞こえた。 「☆☆ (遠方) の高校からスカウトの話があったけど、断ったよ。 ☆☆ (遠方) に娘を持っていかれてたまるか」 そして続けた。 「○○に、部に入ってくれるなら受験しなくても通しますよといわれたといったら、えっ、受験しなくていいの   だってさ。娘にあんな遠くに行かれてたまるか」 

こんな調子では、孫が結婚したいとカレを連れてきたらどうなることやら。 「あんなオトコに娘をやれるか」 と、だだをこねなければよいがと今から心配だ。  





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック