金第1書記体制で処刑された幹部100人 !

金正日の独裁ぶり」について

韓国の情報機関、国家情報院 (国情院) 傘下の国家安保戦略研究院は25日、北朝鮮で金正恩体制になってから処刑された幹部が約100人に上ると明らかにした。

同院の李スソク主席研究委員は26日に開催される学術会議を前に発表文を通じ、金正恩第1書記による恐怖政治が長期化しているため、金第1書記と上層部との信頼関係が弱まっていると分析した。
 
また 「金第1書記は絶対権力に陶酔し身勝手な振る舞いや無慈悲な処刑、無原則な軍の人事などで権力基盤の安定を自ら阻害している」と指摘した。

さらに、幹部らは生きるため日常的に責任回避や虚偽の報告を行っているとした。金第1書記の指導力に対する懐疑が広まり、海外に派遣されている幹部の一部では離脱も起こっていると説明した。
 sjp@yna.co.kr


この国家安保戦略研究院の発表が正しいとしたら、恐怖政治そのものだ。金第1書記が虫の居どころが悪いとか、気に食わないとか、そんな些細なことで処刑しているとは考えたくない。しかし、気まぐれに処刑しているとしたら、離脱したいと思う幹部がいても不思議ではない。 

若くして金正日のあとを継ぎ、何でも自分の思いどおりになると勘違いしているとしたら、世も末だ。私は当時、若いから柔軟な思考で世界と足並みを揃えられるのではないかと淡い期待をしたのが間違いだったようだ。北朝鮮国内はもっとひどいことになっている。飢えに苦しんでいる国民は物もいえず、この先もずっと耐えなければならない。 

こんなことが続くなら、日本の拉致被害者問題はどうなるのだろう。首を長くして帰国を待っている拉致被害者家族に一日も早く誠意を見せてほしいものだ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック