道路工事 開始から31年もめど立たず !!

JR大船駅東口 (鎌倉市) と横浜市戸塚区矢部町を結ぶ 「県道大船停車場矢部線」 の道路改良事業が、事業開始から31年たった今も続いている。 

拡幅するための用地取得対象区間は幅員4・5~6・5メートルで片側1車線。大型バスがすれ違えない場所もあったという。道路沿いの土地を買収して片側もしくは両側に歩道 (幅約2~2・5メートル) を整備し、歩道込みで9・5メートルに拡幅する計画だが、拡幅予定地には倉庫や貸家、住宅などが立ち並び、交渉対象は十数カ所。そのうち4カ所は買収することで基本合意を得て、移転などに関する話し合いを続けているが、残りの箇所は本格交渉に至っていない。市は 「危険性の高い場所から順次交渉する」 としている。


東京都の吉祥寺駅前も狭い道路をバスが交互通行する中、駅からあふれ出た人が身を細めて通る脇を自転車もバスも人も行き交う。やはり地権者との交渉が進まないのだろうか。ここ2年ばかり行っていないが、随分昔からそのような状態だ。 

地権者には先祖代々の土地を守るという思いもあるのだろうが、交通手段が発達して人の往来も激しくなった今 「そこを何とか……」 と、31年かけてでもお願いするしかないのかもしれない。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック