吉野家の宣伝のようだけれど

吉野家牛丼を3カ月間連続で食べたら体はどうなる? 研究結果が出た!

牛丼を3カ月間、毎日食べ続けたら体はどうなると、牛丼大手の吉野家ホールディングスが今春から始めた実験。ようやく結論が出た  


「丼物=健康に悪い」 というイメージを払拭したいと吉野家HDが始めた実験で、20~65歳未満の男女24人に、毎日必ず吉野家の 「冷凍牛丼の具」 を食べてもらった。さらに被験者は毎日の食事内容や回数、飲酒量、睡眠時間などを日誌に記入。実験の開始前後で体重や血圧、BMI値や体脂肪率などがどのように変化したのか、検査を受けた。

ちなみに、こうしたちょっと過酷と思える実験でも、ドロップアウトした人は1人もいなかったというからすごい。   毎食でないにしても、飽きなかったのか  おいしいものは飽きないなんて、さらに吉野家の宣伝を …… (周囲に関係者はいません  ) 


気になる結果は、生活習慣病の原因となるメタボリックシンドロームにつながる、体重や体脂肪率、血圧、中性脂肪、コレステロール類、血糖値などの有意な変動を引き起こさなかった。つまり、牛丼を3カ月連続で食べ続けても、体重や体脂肪率が変化したり、血液データに影響を与えたりしたという事実は、調査では 「なかった」 という結論だ。


さらに吉野家の資料では  「栄養分析結果から、私たちは吉野家の牛丼の具には生活習慣病を誘導もしくは増悪するリスクはないと推定していましたが、今回実際に吉野家の 「冷凍牛丼の具」を食事とともに 12 週間摂取していただいた健常成人男女および、血糖値の高めな方々においても、摂取前と後でなんら健康リスクが増加する兆しは見られなかった事を皆様にご報告させていただきます」 と強調しているそうだ。 


店舗に入って食事するのは抵抗があって食べたことはないが、安くておいしいと評判の   (周囲に関係者はいません  ) 牛丼を食べてみたいと思っていたが 「冷凍牛丼の具」 があるのだとしたら、食べてみようかしら   ついでに、健康的にやせるという結果が出れば、なおグッド   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック