“ダイエット臭” があるそうな……ぎょっ

逆説 体に悪い」について

人間の身体は、食べたものをエネルギーとして利用している。ところが、そのエネルギー源である食べ物の量が減ってしまうと、身体はかわりに体内の中性脂肪をエネルギーに利用し始める。その時に分解される脂肪酸が完全燃焼されずに、汗や皮脂とともに排出され、においの原因となる。

しかし、この時点ではまだダイエット臭レベル1。そのまま間違ったダイエットを続けていくとにおいはさらにエスカレートし、ダイエット臭の最高レベル3に達すると周りも気がつくほどの甘酸っぱい特徴的なニオイが発生するのだとか  

きれいになるためにダイエットをしているのに臭くなるなんて、知らなかった。   私は根性がないから、においが発生するまでダイエットに励んだことはない。 


そんな “ダイエット臭” を予防するには、ダイエット中も体の代謝を下げないことが大切といえる。代謝を上げるのに有効な方法といえば、有酸素運動が挙げられる。運動をしてかいた汗はきちんとふき取り、シャワーやお風呂で体を清潔に保つことが大切だ。 

そして何より、ダイエット臭がするのは無理なダイエットをしているという体からの危険信号なので、今のダイエット方法を見直して、バランスの良い食事を心がけることが大切ということだ。 過ぎたるは及ばざるが如し  ちょっと違う  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック