工事現場で橋桁落下 地震とは関係なく

熊本地震 取材のあり方」について

新名神工事現場で橋桁が落下して2人死亡8人重軽傷というニュースを見て、また震度が大きい余震があったのかと思った。それが神戸と聞いても方向音痴だし  無知な私だから、熊本から神戸まで影響があるのかと驚いた。この話を読んでいる人たちのほうがよほど驚く。というか、あきれ果てること間違いなし。なんて、自分の恥をさらしている場合ではない。   


22日午後4時半ごろ、神戸市北区道場町平田の新名神高速道路工事現場で、橋桁が約120メートルにわたって落ち、現場の作業員が巻き込まれた。神戸市消防局によると、2人が死亡、8人が重軽傷を負った。

兵庫県警が、事故の経緯について捜査を開始。橋桁は、南北に流れる有馬川と国道176号をまたぐ形で2本かかっていた。このうち、片側の橋桁が約20メートル落下して国道をふさぎ、通行止めが続いている。


すぐ近くの信号でとまっていた人は、あと数秒遅かったら自分も下敷きになっていたかもしれないと語っていた。人の運命は一寸先は闇ということを実感した。橋桁の下敷きになった車両はなく、死傷者はみんな現場で働いていた人たちのようだ。 

橋桁がゆっくりとたわみながら落ちていく映像は誰が撮ったのか。その間に作業員たちが逃げられなかったのかと思うが、まさか橋桁が降ってくるとは予想だにしなかっただろう。これ以上死者がふえませんように。  


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック