東京五輪エンブレムの奥深さ

東京五輪のコンサル料 」について

Twitterユーザーの@mocho_twさんは両エンブレムを比較したところ、どちらも四角形の数が同じであるだけでなく、内側の円の半径も等しいことに気づいた。さらには双方の違いは四角形の配置だけで、どちらも3種類の四角形を同じ枚数・角度・大きさで使っていることも発見。 「本当によくできたエンブレム」 と感心した。 

   
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/27/news149.html 



どこの四画がどこへ行って、どんな角度になってなど、さっぱりわからない。デザインを手がけたアーティストの野老 (ところ) 朝雄さん(47) はもちろんのこと、その複雑な仕組みに気づいた人に拍手   


私には論ずる能力はないので、お勉強したい人は動画をどうぞ 

   
https://twitter.com/motcho_tw/status/724960561302102016 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック