ガチョウにもクラクションを鳴らさない運転手を見習え

ゆっくりと保冷車を先導 !!」について

横断歩道を渡ろうとする歩行者に対してクラクションを浴びせるドライバーに対して 「運転免許返納すればいい」 と憤るブログ記事が、はてなブックマークで話題となった。

ブログ主は、信号のない横断歩道で、ベビーカーを押している母親らしき人に対して、クラクションを鳴らす自動車を目撃。ブログで 「そもそも車は横断歩道に歩行者がいたらとまるべきなんじゃないの?」 と指摘していた。


横断している人がいた場合、自動車は停止する義務がある

「法律違反にあたります。道路交通法38条によれば、横断歩道の付近に、明らかに人や自転車がいない場合以外は 原則として自動車に徐行義務があります。ただし、信号機つきの横断歩道で 『車道が青、横断歩道が赤』 という状況で、横断歩道を渡ろうとする歩行者がいない場合には、徐行せずに進行することができます。 

そして、横断している (しようとしている) 人や自転車がいる場合は、自動車には一時停止する義務があります。信号つきの横断歩道で 『車道が青、横断歩道が赤』 という状況だった場合でも、歩行者が横断しようとしている場合は徐行、現に横断している場合一時停止する義務があると考えられます (この点は38条の問題ではなく、70条の安全運転義務の解釈から導かれます)。

これらの義務に違反した場合は、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金に処せられます (119条1項2号、119条1項9号)。



このような罰則規定があるなしにかかわらず、横断中の人をせかすような行為は許されない。もしもお年寄りで歩みが遅かったり、何らかの障害で早く歩けなかった人がクラクションを鳴らされて、焦ったあまり何らかの事故が起きるかもしれない。

きのうアップした  ゆっくりと保冷車を先導 !!の運転手を見習え   ベビーカーどころか、車の前をのろのろと (ガチョウの特性) と歩く鳥にも優しい行動が、光り輝いて見える。   


こんな血も涙もない行為をする人は死刑にしちゃえ  …… 過激な発言で済みません。   舛添都知事の態度にイライラしているもので、つい …… 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • コウノトリのために送電せず

    Excerpt: 「ガチョウにもクラクションを鳴らさない運転手を見習え」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2019-05-11 23:23