国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない

日の丸でよかった」について

東京・代々木の体育館で3日にあったリオデジャネイロ五輪の代表選手団の壮行会で、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が来賓のあいさつで 「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」 と述べた。    

壇上には選手ら約300人が登壇。森会長は直前の国歌斉唱の様子を振り返って 「どうしてみんなそろって国歌を歌わないのでしょうか」 と問いかけ、サッカー女子の澤穂希さんや、ラグビーの五郎丸歩選手が君が代を歌い、その様子を見て国民が感動した、と述べた。 「口をモゴモゴしているだけじゃなくて、声を大きく上げ、表彰台に立ったら、国歌を歌ってください」 と選手団に呼びかけた。 


至極もっともな意見だ。国歌を歌わない傾向は、卒業式などでも多発  している。中には学校自体が歌わせないということもある。日本人が日本の国の歌を歌うことに何の不都合があるのかわからない。歌詞の内容が気に入らないという意見もあるが、いにしえにつくられた歌であるから、天皇至上主義だとか民主主義に反するとかはこじつけで、そんなことに反感を覚える必要はない。

また、国歌の歌詞がおかしいという教育をする教師たちも何かを履き違えてはいないか。そのような思想に基づいた教師に育てられた子どもたちが国歌を知らないという現象を生んでいるのではないかとも思う。 

表彰台で国歌を誇らしげに歌う他国の選手の姿を見るにつけ、日本の国歌に対する教育もこうあってほしいと思う。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック