巨大な虹 北朝鮮も手を結べばよいのに

北朝鮮が核実験」について 

夕暮れの空にかかった虹=福岡市中央区天神で2016年9月12日午後6時29分、須賀川理撮影の写真が美しい。こっちのビルと、はるか遠くのまちをつなぐような大きな虹だ。 

   
http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2RA5Ot8uNZXl2cAUFqJBtF7/RV=1/RE=1473776124/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=ZqIVRbN9w7UrsfRAdOkMt1QKayc-/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTYwOTEyLTAwMDAwMDc3LW1haS1zb2NpLnZpZXctMDAw/RS=%5EADAXT0NUjfths_Jffum2L9M1wARvBA- 

この虹を見て、北朝鮮も核開発に現を抜かしていないで、隣国及び世界との融和を図れないものかと思った。 


北朝鮮の朝鮮中央通信は、同国北東部が記録的な豪雨による洪水に見舞われ、深刻な被害が出ていると伝えた。北朝鮮メディアが自国の窮状について伝えるのは異例だそうだ。

朝鮮中央通信の11日の報道によると、北東部で1945年以来の記録的な豪雨が観測され、数万棟の建物に被害が出た。住民は住む場所を失って 「多大な苦難に見舞われている」 という。

北朝鮮事情に詳しい香港城市大学のブラッドリー・ウィリアムズ教授によると、洪水の被害が広がっているのは北朝鮮の中でも特に貧困が深刻な地域で、強制労働所や体制に敵対するとみなされた勢力の拠点もあるという。労働党は、被災者の窮状よりも、住民の間に不満が広がって体制の転覆をはかる動きにつながることを警戒しているようだと同教授は推測する。

災害の規模の大きさを受け、北朝鮮政府は公式の支援要請にも踏み切った。 「北朝鮮が英語で支援を訴えている背景には、被害の大きさを考慮して国際社会が反応してくれるかもしれないというかすかな期待があるのかもしれない」 とウィリアムズ教授は話している。 


北朝鮮は5回目の核実験を強行したばかりで、国際社会からの非難が集中し、国連安全保障理事会の制裁強化も予想される。そんな中で、さすがに表立って 「助けてくれ」 とはいいにくいだろう。それでも支援を訴えているということは、ひとえに窮状にある被災者のことを考えてのことだと思いたい。  

冒頭に掲げた虹のように、美しく融和の図れる国になるとよいのにと思う。北朝鮮の人々が、この国に生まれてよかったと心から思える国に ……   


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック