大騒動のお台場

ほらほらほらほら」について

3連休の東京・お台場に突如出現した謎の大集団。ルール無視の行動に、警察も出動する事態となった。道路の1車線分を丸々占領した群衆に、立ち去るよう促す警察官。この影響で、道路は大渋滞。 

交差点の真ん中が、たくさんの人で埋め尽くされている。そして、停車している車の間を、人や自転車が走り回っていた。

集まっていたのは、人気スマホゲーム 「ポケモンGO」 の愛好者、いわゆる 「ポケモントレーナー」 たち。お台場には、ほかの場所では、あまり捕獲できない 「レアなポケモン」 が出現するとして、この3連休、多くのポケモントレーナーがやってきていた。そして、彼らが特に捕獲したがっていたポケモンが、なかなか出現しないとされている 「ラプラス」 というレアなポケモンだった。

そのラプラスが、お台場の道路に出現したとネットに投稿されたことをきっかけに、その場所をめがけて、ポケモントレーナーが殺到して 今回の騒ぎとなった。一部のプレーヤーによるマナー違反などが相次いでいて、改めてそのモラルが問われている。 


人騒がせな  ポケモンGOだが、年配者には意外な効能がある。  
先日のダンスサークルの帰り、ロビーで二、三人が何匹捕まえたなどと話が盛り上がっていた。
「ええっ、年がいもなくやっているの」  
「結構おもしろいんだよ。運動不足解消にもなるし …… 」 

確かにそのいいわけ  は理解できる。  何か目的がなければ余り外に出歩かないトシになった。私たちのような年齢になると分別はあるから無茶なことはしない。それで楽しめるなら結構なことだ。いっそのこと、ポケモンGOは65歳以上に限るとか年齢制限を設けたらどうなのよ。  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック