新幹線のぞみに蛇

バスの中に蛇がうじゃうじゃ」について

26日午前9時40分ごろ、東京発広島行きの東海道新幹線のぞみ103号の車内で、座席の肘かけに蛇が巻きついているのが見つかり、通常なら通過する浜松駅 (浜松市) に臨時停車した。ヘビは静岡県警の警察官に捕獲され、のぞみは約5分遅れで出発した。

県内を走行中、12号車の窓側の席の肘かけに巻きついているのを後ろの座席の女性が発見してJRが110番通報した。

JR東海や浜松中央署によると、蛇は全長30センチほどのシマヘビとみられ、北海道から九州までに生息する在来種。    


その座席に乗り込んだ人が 「やれやれ」 と蛇につかまらないで、後ろの座席の人が発見してよかった。   「のぞみ」 の肘かけが何色かは知らないが、蛇は茶系だから、もしかしたら重厚さを出すために茶色い革張り (あり得ない  ) の肘かけだったら、蛇にもたれかかってくつろいだかもしれない。  


JR東海によると、蛇の新幹線への持ち込みは、旅客営業規則で禁止されている。前日夜の整備の際は異常はなかったという。野生の可能性もあるが、署は市内のペットショップに保管を委託し、持ち主を捜している。

野生だったとしたら、蛇はどうやって車内に乗り込んだのだろう。ちょっと興味がある。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック