引っ越し前夜のナガコガネグモに泣けた

遠慮がちにクモがいた」について

2009年の写真入りのナガコガネグモの観察日記のまとめ作業に入っている。写真の整理を始めたところ、ぶれたものを除いて313枚もあった。   (2008年12月6日から2009年10月15日までの分)

全ての写真を載せると膨大な量のブログになる。このブログに載せるにはちょっと無理かもしれないので、新たに専用のブログを立ち上げることになるかもしれない。仕事が片づいてからゆっくり考えよう。


観察文に添えるものを選んだりしてアップするのにしばらくかかるので、クモが私に懐いているというのを実証する写真があったので、ご紹介しよう。

私が引っ越しするのを察知して、引っ越し予定の前日、真昼間のたった12時間の間に、庭の茂みにいたナガコガネグモが、約1メートル50センチくらい離れた濡れ縁の引っ越し荷物がまとめられたダンボール箱とシンビジウムの鉢に、直径約80センチ以上の大きな円網と立派なかくれおびをつくって、クモ自身が引っ越してきていたことだ。   

自分も私と一緒に引っ越しするつもりで、茂みから引越し荷物に移動したに違いない。それも私が引っ越し予定だった前日のことだ。しかし私はその夜、家の周りを再度念入りにきれいにしようと思って薄暗い中で作業をしていたときに手をけがした。そのために予定していた当日16日は病院に行って、引越しは1日先延ばしになった。


しかし、クモは最初の予定を察知していたことになる。 クモには予知能力がある実例  http://akiru-hamu.at.webry.info/201110/article_31.html

やはり私のことをわかっている証拠になるのではないか。その心情が余りにかわいく、感激したので、写真をアップしたいと思う。 それなのに、17日の引っ越しの際には息子の手によって 「バイバイ」 と茂みに戻された。準備の慌ただしさと思いがけない手のけがによって写真に映った事実に気がつかなかったが、知っていたら引っ越し先に連れてきたかもしれない。

置き去りにされたナガコガネグモ (の子孫) は、その後2年近くかけて私の引っ越し先に姿をあらわした。     上記の予知能力参照 


ビフォー  
画像


これは2009年10月15日午前3時58分に濡れ縁から撮影したもの。



アフター  
画像


これは2009年10月15日午後4時28分に庭側から撮影したもの。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック