「カジノ解禁法案」 が強行採決された

集団的自衛権の行使容認」について

日本でカジノの合法化を目指す 「カジノ解禁法案」 は衆議院内閣委員会審議が6時間余りにとどまる中、2日に採決され、自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決された。

これまで賭博に当たるとして禁止されていたカジノを解禁する法案のスピード採決には、野党の反発だけでなく、与党の公明党も対応が分かれた。

党内に根強い慎重論を抱える公明党は、賛否を個々の議員の判断に委ねるという与党として異例の対応をとった。その結果、3人の委員のうち1人が賛成、2人が反対した。法案は週明け6日火曜日の本会議で衆議院を通過する見通し。

2日の質疑でも民進・共産両党はギャンブル依存症の拡大など懸念が払拭されていないと訴えた。

一方、自民党などはカジノによって 「観光や地域経済の振興につながり財政状況の改善にも資する」 と説明している。ただ、地域経済が本当に活性化するのか。健全な社会が維持されるのか。議論はほとんど行われていない。参議院で徹底した審議ができるかどうかに国会の存在意義が問われることになる。 


この法案が参議院でも可決すれば、ホテルなどでもカジノができるようになり、海外の客の増加が見込めて観光立国に拍車をかけるとか何とかいって自民党や日本維新の会などが賛成しているというが、銃社会にも拍車をかけるのではないか。

カジノといえば最良の政策のように錯覚するが、要するに賭け事だ。賭け事は身を滅ぼすと昔からいわれている。そんな法案を通して、後々日本を滅ぼすことにならなければよいがと心配だ。後世に不安なことは、なぜか強行採決で無理やり通す傾向があるが、本当に大丈夫なのだろうか。  






カジノ利権の正体 (別冊宝島 2261)
宝島社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カジノ利権の正体 (別冊宝島 2261) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

まるわかりカジノ読本 (廣済堂ベストムック)
廣済堂出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まるわかりカジノ読本 (廣済堂ベストムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック