被害女子学生、判決聞き絶句

岩崎友宏被告 (28) に刺され重傷を負った女子大学生冨田真由さん (21) が28日、同被告への懲役14年6月の判決言い渡しを受け、代理人弁護士を通じ文書でコメントを発表した。

冨田さんは 「何の反省もしていない」 と岩崎被告を批判。 「私や家族の苦しみが伝わらなかったと思うと、やりきれない」 「たった約14年後には、犯人が塀の外を歩いている」 などとし、判決への不満をあらわにした。

弁護士によると、裁判所内の控室で待機していた冨田さんは、判決内容が伝えられると大きなショックを受け、しばらく絶句した。その後 「(求刑の)17年でも短いと思っていたのに」 と話したという。


若い女性の未来の夢や希望、可能性を奪い、かつ顔にも無数の傷が残り、全身の痛みも癒えていないのに、追い討ちをかけるように彼女に絶望感をもたらした判決は誰が決めたのか。裁判長、裁判官、または裁判員が14年たてば改心するに違いないと思ったのか。

裁判というのは、いつの世も犯罪者の側に立ったものだと常日ごろ感じる。被害者のことよりも、なぜ犯人の味方をするのか理解に苦しむ。更生させるのはよいことだ。しかし、被害者が立ち直るための支援とか心遣いなどはどう考えているのだろう。裁判官のそのような冷酷さをただすためにも裁判員制度ができたのではないか。 

法律を学んだ人間は、被害者よりも犯罪者を大事にする冷酷な人種だとつくづく思う。何の落ち度もない被害者が守られず、加害者の人生を優先させる法律はおかしい。 

何人も殺害した犯罪者の死刑反対などと唱える人たちも私には理解できない。もっと被害者の立場に立って物事を考えるべきだ。 





裁判員裁判と死刑判決増補版 [ 小早川義則 ]
楽天ブックス
小早川義則 成文堂発行年月:2012年12月 ページ数:323, サイズ:単行本 ISBN:9784

楽天市場 by 裁判員裁判と死刑判決増補版 [ 小早川義則 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック