どうしたの、かずこちゃん

荒ぶるかずこ」について

外出からの帰り、久しぶりに人懐こい猫のかずこちゃんと遊んだ。その遊びが激しい。  

しゃがみ込んでのどやホッペのあたりをマッサージしていたら、ひざの上に乗ってきた。きょうはバッグは持っていないのにどうするのかと思っていたら、豊かな  胸を足場にして、さらに肩の上に乗ってきた。ええっ、どうするのと思う間もなく背中に回り、まるで襟巻きのように反対側の肩に尻尾を巻きつけた。 

何だ、これは。  何がしたいのだろう。おりておいでと手を出したら、ちゅぱちゅぱと指をなめられた。この猫の行動は何だろう。いつも飼い主さんとこうして遊んでいるのだろうか。 しばらくおりる気配はない。 

そこは交差点に接した会社の駐車場なので、信号でとまる車の人は何事だとのぞき見るし、助手席の人まで乗り出して見ている。恥ずかしや。 「もうおりようよ」 といっても首の周りに陣取ったままだ。 電車をおりて帰途につく人たちは、男も女も笑いながら通り過ぎる。

やけくそになって “かずこ” の体に手を回してなで回していたら、やっとおりてきた。  

何があったのと聞いても、もちろん無言で私の足にしっぽを巻きつけていた。 上等な  コートがわりのカーデガンでなくてよかった。   この猫の行動は一体何だろう  昔猫を飼っていたことはあるが、この行動は経験がない。

帰宅して、念入りに毛を粘着テープで取り除いた。これだってシルクのコートだけれど、幸いシルクデニムだったので生地に爪跡はなかった。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 猿のドヤ顔

    Excerpt: 「どうしたの、かずこちゃん」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2018-11-22 23:52