沖縄には竹林がない

沖縄出身の友だちと電話で話をした。 …… この言い方は変   電話で会話をしたというべきかもしれない。  


とにかく1時間近い話の中で、時節柄タケノコの話になった。

「きょう沖縄の親戚に送ろうと思って農協でタケノコを2コン (ふたこん) 買ってきた」 
「2コンって、なあに」 
「2コンテナ
「へえっ  1コンに何本くらい入っているの」 

10本くらいだそうで、毎年沖縄に送っているのだという。そして明日はもう1コン買って自宅と娘宅で分けるそうだ。 

送料4,000円ほどかけてどうして送るのかと聞いたら、沖縄にはタケノコがないという話になった。 

今でこそタケノコの食べ方もわかるが、昔は食べたことがなかったそうだ。沖縄にタケノコがないとは知らなかった。  

現在でも栽培というか、竹林がないということは、気候風土が合わないのかもしれない。ああ、知らなかった。  


ちなみに、ことしはタケノコが高いでしょうといったら、去年より安いのだという。イノシシが食べなかったらしいよと。 高いといわれているのは、イノシシ被害に遭った土地だけかもしれない。 イノシシの掘り返す能力はすごい。  

知り合いが何本も届けてくれたが、先が5センチほど出ているタケノコは土中に20センチも埋まっていて根がしっかり張っているそうだ。トシのせいで掘り返すのが疲れるとぼやいていた。 

鵜飼のように、イノシシをタケノコ掘りに活用する手はないものか。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック