北朝鮮、またミサイル発射

刺し違えて死んでもいい」について

北朝鮮が今朝5時過ぎにミサイルを発射して、3週続けての暴挙となる。  

このミサイル発射を受け、菅義偉官房長官は29日午前8時半過ぎから同日2度目の会見を行い 「(ミサイルは) 約400キロ飛行し、新潟県佐渡島から約500キロ、島根県隠岐諸島から約300キロの日本海上に落下した」 との分析を明らかにした。

また安倍晋三首相が言及した今後、米国と行う具体的行動について 「対話のための対話でなく圧力をかけることが必要だ。中国の役割も重要になる」 と述べた。 

落下した近辺の住民はもとより、漁業関係者も不安な日々を過ごしていると思う。一日も早く北朝鮮の暴挙を絶つために何をしなければならないか、近隣諸国もよく考えてもらいたいものだ。 


金正恩委員長は、どんどんミサイルを生産するようにと指示をしたというから、北朝鮮は大金持ちなのだと改めて思う。もっと生きたお金の使い方をするようにといさめる人がいないのは、金正恩委員長にとっても大変不幸なことだ。このまま彼及び北朝鮮は地の底へ落ちていくのだろうか。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Jアラートに驚いた

    Excerpt: 「北朝鮮、またミサイル発射」について Weblog: 小野口純子 racked: 2017-08-29 23:18