トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)

新幹線 静脈注射のように発進」について

運行が始まったJR西日本の豪華寝台列車 「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」 の一番列車が18日、終点の山口・下関駅に着き、歓迎式典があった。 


途中停車した駅では大勢の鉄道ファンが写真を撮っていた。女性も子どももかっこいいと興奮していた。 


しかし  私はこの列車のデザインがかっこいいなどととても思えない。これは好みの問題だから設計した人にはゴメンナサイだ。  


アゲハチョウの大きくなった幼虫のようで、色も地味で、夜などに走る姿を目にしたらギョッとするに違いない。乗車する予定はないが、幼虫のおなかにいると思うと気味が悪い。乗ってしまえばその姿形は見えないから、考えなければよいわけだが、そこまでして乗るほどのことはない。電車が通過して、沿線から見ている者が爽快感を味わえるようなデザインは考えられないものか。 


   
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170617001437.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック