1歳児は小さじ1杯程度の食塩を摂取すると死に至ることがある

安楽死させてあげて」について

盛岡市の認可外保育施設で預かり保育中の乳児が食塩中毒で死亡したとされる事件について、済生会横浜市東部病院の谷口英喜・周術期支援センター長は、体格などの個人差もあるが、1歳児ならば小さじ1杯程度 (5~6グラムほど) の食塩を摂取すると、致死的になるおそれがあると説明。 「食塩をそのまま摂取するのに比べ、水に溶けた状態で摂取するほうが一気に小腸に吸収されるため、より危険性が高い」 と指摘する。心不全や肺水腫の状態になるほか、高ナトリウム血症から不整脈を引き起こし、最悪の場合、死に至るという。(朝日新聞デジタル) 


夏は汗とともに塩分が消費されるから、水分だけでなく塩分補給をという話をよく聞く。上記の説明を読むと、塩分をとり過ぎてもよくないということは、乳幼児に限るのだろうか。大人の適切な塩分摂取量はいかほどなのか  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック