公報の出し惜しみ !!

誰が立候補するのだろう ?」について

午後7時過ぎに重い腰を上げて投票所に行った。何しろ誰が立候補しているのかわからないので話にならない。 

受付で 「今回は公報が入らなかったので誰に入れてよいのかわかりません」 と、少々意地悪なことをいってみた。受付の後方に立っていた職員と思われる人が 「あります、あります」 といって手渡してくれた。 

やっぱりあるじゃないのよと思いながら、こちらでどうぞと示されたテーブルに広げて目を通した。何と、4人も立候補者がいた。  これでは投票台の前で名前を見ても始まらない。第一、投票台の上方に掲げられているのは氏名しかない。聞いてよかった。 

ざっと目を通して、これはいただいてよいのですねといったら、受付の若い男女は困惑したように返してほしいというような顔をした。するとさきの職員らしき人が、 「どうぞ、お持ちください」 といった。そりゃあそうでしょう。あと数十分しかないのに、投票してもらうのが職務なのに、公報を出し惜しみしてどうする。  


新聞折込ではないはずだから、配付する人が我が家に公報をポストインするのを忘れたのだろうか。 

こんなこと何十年も前から選挙権を持っているのに初めてだ。   



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック