稲田朋美防衛相がやっと辞任

安倍チルドレンの正体」について

稲田朋美防衛相が、いわゆる日報隠蔽 (いんぺい) 問題で辞任した。来月3日予定の内閣改造までもたなかった。過去に何度も行動や発言が問題視され、防衛トップや政治家としての資質に疑問符がついている。安倍晋三首相はそれでも稲田氏を重用し、かばい続けたあげくに破綻した。  遅過ぎる。 


ある陸上自衛隊幹部は険しい表情でいった。ハイヒールで潜水艦を視察するなど、批判を浴びる行動も目立っていた。 「視察の回数も歴代で少なかったように感じる。派遣された隊員の大変さを分かっていたのか」

第2次安倍内閣では行政改革担当相として初入閣。14年に当選3回で党政調会長に抜てきされた。首相は 「彼女はホープだから」 と周辺に語っていた。昨年、内閣改造の 「サプライズ人事」 で防衛相に起用された。

稲田氏起用について自民党関係者は 「本気で首相候補に育てようとして、経験を積ませるためだった」 と指摘する。ベテラン議員の一人は 「首相は稲田氏と丸川珠代五輪担当相をかわいがり、2人を競わせている」 と語る。  首相は2人のどこが気に入ってかわいがっていたのか知らないが、両方ともだめじゃん   若さをうらやましいと思ったのかもしれないが、若いということは未熟ということだ。どちらにしても人材不足でかわりがいないから辞めさせられなかったのだと思う。
 

何はともあれお疲れさまでした。  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック