やはり花火は下から見上げるのがよいと思う

また、強風で展望台に行けない」について

日本一の高さを誇る展望台から、眼下に広がる大輪の花火を楽しめるはずが......。2017年7月29日の隅田川花火大会を 「特等席」 で眺めようと心を躍らせていた参加者が、大きく肩を落とす出来事があった。

花火大会当日に実施された東京スカイツリー (墨田区) の特別営業。抽選などで選ばれた900人限定の夜間営業に参加したネットユーザーから 「花火まったく見えません」 「雲でほとんど見えず...」 との悲鳴が次々と上がったのだ。

29日の東京はあいにくの天候で、隅田川花火大会は降りしきる雨の中決行された。今年は例年より2,000発多い計2万2,000発が打ち上げられ、傘を手にした多くの観客が雨空を彩る大輪の花火を楽しんだ。

だが、天候不順により花火を楽しめなかった人もいた。高さ450メートルを誇る東京スカイツリー展望台で行われた花火大会観覧イベントの参加者たちだ。

イベントは900人限定で、入場チケットは6月中旬頃から抽せん販売された。価格は最安のプランで9,800円 (税込、参加者には別途おみやげがついた)。 そのほか、展望デッキ内にあるレストランで料理とともに花火を楽しめるプランは、食事代込みで47,000円 (同) だった。

決して安くはない金額を払って、隅田川花火大会を見るためにスカイツリーを訪れた参加者たち。しかし、花火当日の夕方頃から、ツリーの上部を覆うような形で雲が出現。展望台の窓から見える光景は、真っ白の雲だけという状況が起きてしまった。 


東京スカイツリーができた当時も上から見下ろす花火大会がよいといわれていた。私は、花火は見上げるものだと主張していたが  天候のことは気がつかなかった。やっぱり花火は昔ながらの下から天に向かって 「たまやー」 「かぎやー」 と歓声を上げるのが望ましい。  

私は横着を決め込んでテレビを見ていたから傘も差さずに済んだ。    

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック