またむだ遣い 衆議院解散

安倍政権は見限る時」について

少し自民党の支持率が上がったからと安倍首相は今月末にも衆議を解散するらしいが、民進党のごたごたで支持率がアップしたにすぎない。支持されたと勘違いして解散だなんて、ずるい。野党がごたごたしているすきに何と卑怯なことを考えるのか。 


安倍首相が28日に招集予定の臨時国会で衆議院解散を宣言する意向を固めたと時事通信などが17日に伝えた。選挙日は来月22日か29日が有力だ。日本メディアによると安倍首相はニューヨークで開かれる国連総会に参加した後、22日の帰国後に最終決定を下す方針だ。  

棄権しても、白票を投じても、自民党が続行することは避けられない。結果がわかっていることにわざわざ巨額の選挙費用を使うことはない。 

メディアでは、今度は△△解散と名づけるのだろうといっているが 「北朝鮮の核問題投げ出し解散」 あるいは 「拉致問題頬っ被り解散」 とか 「憲法改正のごり押し解散」 とか、いろいろある。そうだ 「そば問題うやむや解散」 と名づけてもいい。そば問題とは、何を隠そう 「もり・かけ問題」 のことだ。つまり、少々忘れかけているが、森友・加計学園のことだ。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック