正当防衛が成立しないことの証明がない

刑事裁判傍聴記 平成8年1月12日(金)─Ⅱ 他人のもめごとは楽しい !」について

東京・北区の民泊施設で去年11月、工事現場の同僚の男性 (当時56) と口論になり、顔を殴って死亡させたとして齋藤誠被告 (45) が傷害致死の罪に問われた裁判員裁判。争点は、齋藤被告の正当防衛が認められるかどうかだったが、22日の判決で東京地裁は 「死亡した男性から胸ぐらをつかまれるなど、暴行が一方的だったとは認められず、正当防衛が成立しないことの証明がない」 として、齋藤被告に無罪をいい渡した。

齋藤被告は弁護士を通じ 「ようやく自由になれてほっとしている。裁判官、裁判員に理解していただき、深く感謝します」 とコメントしている。 

裁判員は 「論理的、客観的に考えると、このような判決だった」 などと感想を述べた。 (22日18:43) 


正当防衛が成立しないことの証明がない  否定の否定でややこしいが、無罪になったことはよかった。   それより何よりけんかをしないことが一番だ。お願いします。     誰に   酔っ払いも、子どもたちも、血気盛んな大人たちも、地球上のヒトや、動物や、全ての人たちにお願いです。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック