ハシビロコウ54時間生中継 少し報告

ハシビロコウ54時間生中継」について

     ゆうべから5時まで映像に見入り、きょうは午後4時近くにまた映像を見始めた。ちょうど閉園時間が間近で飼育員の伴野氏が、これからコンテナに入っている生きた鯉を食べる時間だというのでずっと映像から目を離さずに見ていたが、展示場で左側に向き直って退場に備えていたしずかちゃんが、なぜか突然室内にいる映像になった。

察するに、食事風景の1時間ほどのおいしい映像は、ニコニコ動画で配信するために、あえて映さなかったのだろう。そのために1時間以上もパソコンとにらめっこをしていたのに  


昨夜の薄暗い室内での映像は、木の箱のふちに立ったままほとんど動かず、たまに片足ずつ上げたり羽づくろいをしたりで、ほんのちょっと動いただけで 「あっ、動いた」 と、まるで瀕死の病人がピクッと手を動かしたときに感じる愛おしさを感じた。

きょう午前3時くらいまではコメントがうっとうしいので消していたが、余も更けてほとんど画面に流れなくなったのでコメント画面にして、ついでに 「気になって眠れない」 とコメントしたら、即座に画面に反映された。初めての経験に、感動  した。なおかつ、それに対する返事ともとれる 「しずかさん (ハシビロコウ) が寝たら寝れるよ」 とのコメントが入った。なかなかおもしろい体験だった。  


午後3時半頃、展示室にいた。明るいところでは、大きさがよく伝わってきた。夜中は、薄暗い明かりの中で、影絵のように上からのカメラだったので小さく見えた。飼育員の伴野氏によると、夕べは少し怒っていたようだったといっていた。設置された5台ものカメラを感じ取っていたのかもしれない。 

午後7時半、室内の長方形の箱の中に、斜めになって入っており、どうやら眠っているようで身じろぎ一つしない。ハシビロコウにとって、この時間が熟睡できる時間帯なのだろうか。足をたたみ、羽もたたみ、箱の中にいるハシビロコウは、小さく見える。

今夜も、誰に強制されたわけでもないのに観察しなければならない。乗りかかった船だ。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック