議員職はよほど暇らしい

豊田真由子衆院議員の政策秘書は遠方の町議と兼務」について

ここ1年ほどの間に国会議員や地方議員の不倫騒動が相次いでいる。ここにきて民進党の新生をと躍起になっている前原誠司代表の足を引っ張るように山尾志桜里元政調会長 (43) の不倫疑惑が週刊誌に報じられた。

山尾氏はその後の記者会見で 「 (男性弁護士と) 男女の関係はない。しかし、誤解を生じさせるような行動でさまざまな方々にご迷惑をおかけしたことを深く反省し、おわび申し上げる」 と述べた。やましいことがないなら離党までしなくてもよいのに、やはり何かある  と勘ぐってしまう。 

一線を越えていないと押し通した国会議員と地方議員の不倫騒動もある。 

国会議員の秘書を兼務しようとした町議会議員もいる。 

昨年は出産を控えた妻を差し置いて不倫を働き議員辞職に追い込まれた人もいる。 


議員とは、ダブル不倫に現を抜かす時間も、秘書と議員が兼務できる暇も時間もとれる職業なのだと改めて思う。昔のように利権を捨てて民のためになどという聖職者は皆無に等しい。

大体、議員と秘書職が兼務できるなら、少なくとも公設秘書は必要ないのではないかと思う。税金の無駄遣いはやめてほしい。 




 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック