ファスナーに布が噛んでしまったとき

道具なしでひもを切る」について

ファスナーの器具の後ろの部分に、マイナス、ドライバーを差し込むと、器具と布に隙間ができる。 噛んでいる布を引っ張って終わり。これはスライダーの構造をうまく利用したものらしい。 

ファスナーは務歯と呼ばれる歯みたいな長い部分と、スライダーと呼ばれる手でつかむ部分でできている。

スライダーの部分は、コ の字型をしていて1カ所だけで上、下をつないでいるので、ドライバーを差し込むだけですき間ができる。

表の方が噛んでいるときは表から、裏の方が噛んでいる時は裏のほうからドライバーを差し込む。   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック