ふたご座流星群、13日夜見ごろ

恐怖の流星群観測」について

明日13日から15日にかけて、天体ショー “ふたご座流星群” が見られる。今週は関東地方は天気がよさそうなので、久しぶりに天体ショーが楽しめる。  特に13日夜が見ごろだそうだ。 

「3大流星群」 の一つの 「ふたご座流星群」が、13日夜から14日にかけて見ごろを迎える。今年は月明かりの影響がほとんどないため夜空が暗く、観察には好条件だという。

国立天文台によると、出現のピークは14日午後4時ごろで、その前後の12~14日の夜には、晴れていれば空の暗い場所なら最も多いときで1時間に40個以上の流れ星が見られると予想される。

ふたご座流星群は、3大流星群の他の二つのしぶんぎ座流星群 (1月)、ペルセウス座流星群 (8月) と異なり、午後8時ごろの早い時間帯から流れ星が見え始めるため、子どもにも観察しやすい流星群とされる。出現が本格化するのは午後10時以降だという。

ふたご座流星群の流れ星は、ふたご座付近の一点(放射点)を中心に放射状に出現する。石崎昌春・国立天文台広報普及員は 「流れ星観察は、肉眼で夜空の広い範囲を眺めるのがコツ。寒さ対策をしっかりして楽しんでほしい」 と話している。 

1時間に40個  半てんを着て、ショールを首に巻いて、絶対に見よう。天体ショーが見られるのは本当に久しぶりだ。  


ちなみに、あと15分で13日を迎えようとする今現在、星が見える。 念のため今夜も見ることにしよう。でも、数分夜空を仰いでいただけなのに、寒さは半端ない。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック