タイの日本料理店が相馬沖のヒラメなど提供中止 

原発避難者への偏見」について

2018年2月28日にタイへ輸出するため箱詰めされるヒラメ。福島第1原発事故後に福島県産の鮮魚が輸出されるのは初めて=福島県相馬市尾浜の相馬原釜地方卸売市場で 

   
https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDMxMi0wMDAwMDA5Ni1tYWktc29jaS52aWV3LTAwMA--;_ylt=A7YWPjeEn6ZagVwAncXyluZ7


福島県は12日、タイ・バンコクの日本料理店11店が同県相馬市沖で取れたヒラメやカレイ、タコの提供を中止したと発表した。タイは福島産品の輸入を規制していないが、現地の市民団体が抗議し、インターネット経由で拡散したため、各店が中傷や客足減を懸念し決めた。東京電力福島第1原発事故後初の県産鮮魚の輸出だったが、提供再開の見通しが立っていない。 

県によると、2月28日から143キロがタイへ輸出され、今月2日から始まった11店共催のイベントで約50キロが消費された。3月中に約1トンを輸出する計画だった。 

現地の消費者団体などが、タイ保健省に対し 「危険な魚を国民に食べさせるな」 などと抗議。一方、同省は  「厳密に検査しており安全」 と表明している。

県の放射性セシウム調査では2015年度以降、県産海産物全てで国の基準値 (1キロ当たり100ベクレル) を下回った。県の市村尊広・県産品振興戦略課長は 「タイは農産物の最大輸出先。理解を得る最善策を取りたい」 と話した。 


福島県相馬市沖でとれた鮮魚類が危険だなどと、わけがわからない。大体、丸7年もたてば、海水はその沖合いにとどまらず、とっくの昔に全世界の海水とまぜまぜになっている。危険な魚って、どういう意味か。タイに行って、そうけちをつけている人たちに聞いてみたいものだ。  

海で一生懸命生きている海産物たちに失礼だ。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック