「アップで撮らないで」 を無視して選手の顔ばかりのテレビ局

アメフト問題 試合を続行させた審判にも責任がある」について

アメリカンフットボールの試合で日大DL宮川泰介選手 (20) 選手が関西学院大学の選手を悪質なタックルによって負傷させた問題について、5月22日、反則行為をした宮川選手の記者会見が行われた。


アメフトの反則行為問題で、日大側がのらりくらりと誠意のない態度の中、結果的に反則行為をして相手選手にけがをさせた日大の選手が日本記者クラブで会見を行った。まだ学生である選手が顔と実名を出して謝罪をするという異例の事態となった。その勇気に拍手を送りたい。  

このことについて、会見冒頭で代理人の弁護士は 「長い将来のある若者です。ずっとアップで撮るようなことは避けていただいて」 と配慮するよう呼びかけていた。 


私は 『情報ライブ ミヤネ屋』 (読売テレビ系)  を見ていたが、ずっと 選手の顔が画面に出ていた。アップどころか、映しっぱなしではないかと驚いた。弁護士が話をしているときも、記者が質問しているときも、ずっとだ。なぜ大人としての対応ができないのかと情けない。 

それに比べて、その視線に耐える選手は、時折目をしばたたいてうつむくことはあったが、立派だった。緊張と、けがをした選手へのわびと、反則することをはねつけられなかった自分への後悔と、早く直接謝罪に行きたかったのに日大側にとめられたこと、いろいろなことがあったのに、二十歳になったばかりの若者は、記者会見できちんと当時の状況を説明したことはすばらしかった。 

こんなことがなければずっとアメフトを続けていたかっただろうに、もう自分にはその資格がないとか、意欲もないとの言葉を聞くと気の毒でならない。大人である日大側、監督、コーチがきちんと責任をとり、けがをした選手、そして反則をするように仕向けたこの青年に対してもきちんと謝罪をし、慰謝料を支払ってもよい案件だと思う。 

監督は、試合に出してやるからといってスポーツを冒涜する行為を強要した。そんな人に監督を任せておいた大学側の責任も問いたい。そして大学のナンバー2の処遇も剥奪すればよい。大人の責任とは、そういうものだ。 日大のアメフト部の存続も大勢の選手が不安に思っていることだろう。しかし、監督が辞めても今回のような体質が残っているならば、試合をしようと思う他大学も二の足を踏むだろう。 “軍隊のような” 監督のもとで練習を積んできた他の選手たちの夢も壊した。 


勇気と誠意を見せた日大選手の今後に、周囲から然るべき配慮がなされることを願うばかりだ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日大がまた恥の上塗りをしたらしい

    Excerpt: 「「アップで撮らないで」 を無視して選手の顔ばかりのテレビ局」について 24日に記者会見を行うとしていた日大が、急遽改憲を開いたらしい。 Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2018-05-23 23:56