拉致問題は安倍首相が向き合わねば

トランプ大統領も揺れている」について

12日にアメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金委員長がシンガポールで初の米朝首脳会談を行った。安倍首相は前もって何度もトランプ大統領と電話会談をして、非核化等はもちろんのこと日本の拉致被害者の件も力添えをいただけるようにと話し合ってきた。
 
しかし、拉致問題についてはほんのちょっと触れたにとどまったような気がする。人道問題として考えれば全世界で受けとめなければならない問題だが、やはり米国にとっては非核化その他の問題のほうに力点を置くのは仕方がない。 

大体、自国の問題を人任せにしようという安倍首相に歯がゆさを感じる。首相が動いて、さらに米国に後押しをお願いするのが筋ではないか。1年以上も 「もり・かけ」 問題で国会を停滞させている場合ではない。 

先日、友と 「今考えると、小泉首相は拉致被害者の一部ではあったけれどもさっさと帰国させたのは偉かったね」 と、上から目線で話をした。   


安倍首相も、偉い偉いと上から目線で被害者家族も国民も喜べるように、一刻も早く拉致被害者を全員帰国できるよう最優先して動いてもらいたい。なぜ急がなければならないか、首相も人の子だからわかるでしょ  


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 拉致被害者家族また落胆

    Excerpt: 「拉致問題は安倍首相が向き合わねば」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2019-02-28 23:57