5歳児が 「もうゆるしてください」

また子どもを虐待死させ」について

 「パパ、ママごめんなさい。ゆるして」 とメモを残して死亡した女の子は、ことし1月以降、自宅で軟禁状態だったとみられることがわかった。 

この事件は船戸雄大容疑者 (33) と妻の優里容疑者 (25) が長女の結愛ちゃん (5) に十分な食事を与えなかった上、暴行を加えた後に病院に連れていかず死亡させたとして、警視庁に逮捕されたものだ。 

結愛ちゃんの家族は、今年1月下旬、香川県から目黒区のアパートに転居した。その後の警視庁への取材で、住民の目撃情報や防犯カメラの解析から、目黒区に転居して以降、結愛ちゃんが自宅から外出したのは1度だけしか確認できていないことがわかった。 

香川県の転出証明書に虐待のおそれが大きいと連絡事項が書かれていたというのに、またもや命を救うことができなかった。家庭訪問をしても本人に会えなかったというが、大きな声で 「結愛ちゃん」 と名前を呼んでいれば、家族が 「いない」 とかいったとしても、出てきたかもしれない。家庭訪問をするときの何か知恵とか策はないのだろうか。 


両親と結愛ちゃんの弟の3人が外出する姿が複数回、防犯カメラに写っていたということで、結愛ちゃんは今年1月下旬以降、自宅で軟禁状態だったとみられている。また、真冬にベランダに裸足で長時間放置されたこともあり、足には重度の霜焼けの跡があったこともわかった。また、真冬に水シャワーをかけられたこともあった。 

現場となった自宅には、両親に宛てた結愛ちゃんのメモが残されていた。結愛ちゃんは毎朝4時に自分で起きて平仮名の勉強をすることを課せられていたそうだ。その覚えた平仮名で書きとめたメモが悲し過ぎる。 

「もう パパとママに いわれなくても しっかりと じぶんから きょうできないことも あしたは できるようにするから もう おねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして」 


モデル体型を目指して朝はスープ1杯のみ、昼も晩もろくに食べさせてもらえなかったという。娘をさんざん虐待しておきながら、モデルになったら自分たちは楽ができるとでも思ったのだろうか。腹が立って仕方がない。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック