猛暑にぐったり ヒトスジシマカ

被災地のメダカ 元気」について

「蚊は35度以上の暑さで活動停止」 は本当か

連日、猛烈な暑さが続く日本列島。 最近では35度を超える猛暑日に驚きもしないほどになり、18日には岐阜県多治見市でついに40.7度を記録した。

夏の不快なものといえば、噴き出る汗に強い紫外線…そして夜中に耳元でブーンと聞こえる羽音はまさに 「かほどうるさきものはなし」 なのだが、最近この邪魔者、見ているだろうか。

Twitterでは 「最近見かけないと思っていたけど、35度以上だと蚊は活動できないらしい」 という投稿が話題になっている。 

夏の風物詩、むしろ暑ければ暑いほど元気に活動しそうなイメージもあるのだが、7月も半ばを過ぎたところで、去年より蚊に刺されていないような気がする。 

一昨日、駅で電車を待っているときに1匹の蚊が腰掛けている私の太もものあたりをうろうろしていた。パンツだから気にもとめなかった。手のあたりにも蚊がうろついていたが、刺されなかった。蚊は体温の低い人の血は吸わないというが、こんな猛暑のときこそ低体温の私の血を吸えば体が冷えて元気になれたかもしれないのに …… 私にとってはカユカユカユなどという思いをしないで済んだのでよかったが、蚊にも熱中症があるのだとしたら気の毒な話だ。 


みんなグッタリの夏、蚊もグッタリしてくれているなら人間からすればありがたい。  早速、これが事実なのか、疾病媒介昆虫の研究をしている長崎大学熱帯医学研究所に確認した。

「35度で活動できなくなる」  は妥当

ネッタイシマカという蚊を使った実験で、いろいろな温度と湿度の条件で蚊の飛翔活動を調べてみたところ、飛翔が見られたのは10度から35度までだったという論文がある。また、これまで最適といわれてきた27度よりも15度のほうが長く飛んだとある。

日本に多く、昼間、野外でよくヒトから吸血するヒトスジシマカはネッタイシマカと近縁なので、高温に対する耐性もそれほど違わないと思われるので、35度を超えると蚊が活動しなくなって刺されにくくなるというのは妥当だと思う。

白黒シマシマの 「ヒトスジシマカ」 や赤っぽい体の 「アカイエカ」 を初め、日本にはなんと110種以上の蚊が生息している。その中でも国内でよく見る 「ヒトスジシマカ」 の仲間は35度以上になると活動しなくなるという。 


ことしは暑い日が続いたことから例年よりも2週間ほど蚊の発生が早まり、ゴールデンウィーク中から刺される人が出始めたというが、どうやら、最近になって余り蚊を見かけなかったのは気のせいではなく、この異常な暑さのせいで間違いないようだ。 


    画面いっぱい蚊 閲覧注意 
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/31/Aedes_albopictus_on_human_skin.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック