おのじゅん 小野口純子

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夏の昼の夢

<<   作成日時 : 2018/07/30 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ただいまユウレイグモと同居中」について

経験したことのない東から西へのコースをたどった台風12号は、関東地方は昨日明け方まで時折強い雨が降ったが、幸いこのあたりは被害もなく西のほうに進路を移した。 

4時間余眠って目がさめた。戸をあけると、日は当たっているものの台風一過の爽やかな風が家の中を吹き抜けた。普段は日中網戸にはしないのだが、台所の換気口まであけて、涼やかな風の中でまた眠りについた。 


しばらくして頭上を電車の通る音で目がさめた。横で、友だちの1人が髪をかき分けながら 「さて、どうやって帰ろうか」 とつぶやいた。私も起き上がって人が来ないうちに早く着がえなければといったら 「誰も着がえなんか持っていないわよ」 といわれた。 

徐々に思い出した。きのうダンスの帰りに5人でここに泊まった。  泊まったというより、野宿した。なぜかダンスの帰りだというのにそれぞれがビニールシートの上にエアロビマットを敷いてゆっくりと寝ていた。バッグの中には着がえどころか、ひらひらしたダンスの衣装しか入っていない。 

そっと階段のほうをうかがうと、一番電車が到着して数人の乗客が降りてきた。あわてて頭を引っ込めて 「早くしないと、ちりちりと長いほうきを持った駅員さんが来るわよ」 と、急いでシート類を片づけた。
 


なぜこんな夢を見たのだろう。一ついえることは、きのうの午後から所属するダンスサークル主催のパーティーがあった。連日の暑さで熱中症ぎみの私は行かなかった。それが何となく後ろめたさとしてあったのだろうか。だからといって、こんな突拍子もない夢を見るなんて、我ながら解せない。  



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夏の昼の夢 おのじゅん 小野口純子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる