今度はボクシング連盟会長の告発騒動

日大がまた恥の上塗りをしたらしい」について

岐阜県で8月1日開幕したボクシングのインターハイで、 開会式の会場に、日本ボクシング連盟の山根明会長はあらわれなかった。高級感漂う山根会長専用の椅子の出番はなく、かわって置かれたパイプ椅子も置かれたままだ。

7月27日に333人からの告発を受けた渦中の山根会長が不在の中、開会式でかわりに挨拶に立ったのは、日本ボクシング連盟の吉森照夫副会長。 「山根会長が体調を崩してここにおられませんので、専務理事の吉森がかわって読ませていただきます」 と発言した。 関係者によると、山根会長は体調を崩して入院したとみられるという。  政治家もおえらいさんも都合が悪くなると、みな特別室に入院する。追及をかわすための常套手段だ。 

続いて挨拶をした岐阜県ボクシング連盟の四橋英児会長が、驚きの言葉を発した。  「ボクシング連盟が話題になっています。まことに恥ずかしい。恥ずかしい恥ずかしい思いをしています。あれが事実だとしたら、すぐに山根会長をはじめ周囲の皆さまに辞めていただきたい」 

ボクシング連盟をめぐる告発騒動は、前代未聞の事態に発展した。 高校生の夢の舞台インターハイの開会式で、渦中の山根会長に対し、反対派の幹部が公然と辞任を要求したのだ。その時、吉森副会長は、壇上を鋭い視線で見詰めていた。 


日大のアメフト騒動も解決せず今年度中は出場停止となり、現4年生は試合に出られなくなった。理事長初め日大幹部が反省し、組織改革に真剣に取り組んでいないことが問題となった。 

ボクシングのパワハラ問題もすっきりとした解決を見ていない。

今度はアマチュアのボクシング連盟会長の山根明氏のお金に関する問題、試合の判定に対する問題、宿泊の先々で殿様みたいな待遇をされているのをテレビで垣間見ると驚いてしまう。最初に誰が始めたのか、さかのぼって調査し、根本から改革しなければならない問題だ。 

三角形の頂点に立つ者は、自分がえらいと思って周囲に要求するのか、あるいは周りがちやほやするのか、信じられない構造だ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 山根前会長、顔が凶器

    Excerpt: 「今度はボクシング連盟会長の告発騒動」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2018-09-18 23:59