留置場の内部事情まで公開する必要なし

「待てー!」 逃げたいのだから待たないヨ」について

富田林脱走犯はお盆の日曜夜を狙っていた!?元看守の小川泰平氏が計画性を指摘


ことし5月から大阪府警富田林署に勾留されていた無職・樋田淳也容疑者 (30) が12日夜に同署から脱走した事件を受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は14日、デイリースポーツの取材に対し 「私も刑事になる前に留置場の看守をやっていた」 という経験を踏まえて、樋田容疑者が 「お盆の日曜夜」 をねらった計画的脱走を図った可能性を指摘した。 

樋田淳也容疑者は富田林署の接見室で12日午後7時半頃から弁護士と面会。同8時頃に弁護士が退出後、仕切りとなるアクリル板を押して隙間から面会者側のスペースにすり抜け、署内の裏口から逃げたとみられる。同9時45分ころまで誰も気づかなかったという。

小川氏は 「家族など一般人の面会は平日の執務時間内に限られるが、弁護士は土日や夜間も接見ができる。それでも、逮捕直後の容疑者ならまだしも、お盆のさなかに弁護士が接見に来るのは少々不自然であり、容疑者が日付時間を指定し、接見を依頼した可能性がある」 と指摘した。

さらに自身の経験から 「留置場の消灯は夜9時で、留置人は8時前から布団の出し入れや洗面を日課とし、当直の署員も応援に来る」 と説明。 「容疑者は3か月間の留置生活を通して、この時間帯に署内が手薄になることを知っていたのではないか」 と分析した。

脱走につながる“スキ”となった、アクリル板の劣化、前室に置かれていたスニーカー接見室の扉が開くとブザーが鳴る装置が作動していないこと、警察署内の裏口のある場所、乗り越えた高さ約3メートルの壁の近くに脚立が置かれていたこと…。いずれも同容疑者が認識していた可能性を、小川氏は示唆した。

「アクリル板は週に1度の通常点検に加え、月に1度は署長も立ち会う 『大点検』 があり、私もバンバンと手が痛くなるくらいアクリル板をたたいて耐久性をチェックした。今回は 『要修理』 だった。また、夜間15分に1回、留置場内を巡回する際に短靴で歩くと足音が出るため、私もスニーカーを履いていたことがある。ロッカーにその都度入れるのが大変なので (前室に) 置いていたのでは」

同容疑者は弁護人との接見や知人らとの面会を数回重ねることで、アクリル板が壊れているなどの状況を把握できたとみられる。 

小川氏は 「ブザーは留置場側に鳴るため、うるさいという苦情があったにしても、電池を抜き取るのであれば、休日、夜間であっても警察官を前室に待機させておくべきだった」 と1対1となる弁護士との接見時での危機感の欠如も指摘した。
 

樋田容疑者は強盗致傷や20代女性に対する強制性交などでことし5月以降、4回逮捕されている凶悪犯だ。 

アクリル板とかブザーとかの内部事情は、関連機関が情報提供をしあって同様の事件が起こらないように注意すべきであって、何も公表することはないと思う。犯罪者及び犯罪者予備軍に知恵をつけているようなものではないか。 

それに、5月以降4回も逮捕されている凶悪犯だということのほうが気にかかる。逮捕されてもすぐに釈放されて犯罪を繰り返したということなら、なおのこと接見時の 「簡単に壊れるアクリル板もある……」 などという情報は公開しないほうがよい。 

ニュースで私たちに知らされてもどうにかできるものではない。自分たちで考えてよ。  


何よりも同様の留置場同士で、起こった案件を早急に開示して対策を考えるべきだ。そして接見した弁護士なり面会者は必ず終わった旨を報告することを義務づけるべきだ。いつ終わったかわからないなんて、これでまかり通っていたのが不思議だ。それでは留置されている人はどこに何時までいたのか把握できないではないか。何とも不可思議な慣例だ。  

接見場イコール留置室なのか   短期間に4回も逮捕され、どのようにそれが可能だったのか、そっちのほうが知りたい。   逃げられたことのいいわけが、恥の上塗りになっている。 


政治的手法にならって、知られたくない (知らせたくない) 部分を黒塗りにしてみたよ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 樋田容疑者 自転車

    Excerpt: 「留置場の内部事情まで公開する必要なし」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2018-10-05 23:58