吉田輝星投手に大岡裁き

金足農ついに決勝進出」について

第100回全国高校野球選手権大会で金足農を秋田県勢103年ぶりの準優勝に導いたエース、吉田輝星 (こうせい) 投手(3年)。吉田は甲子園から秋田市内の母校に凱旋した22日、報道陣の取材に応じ 「(進路については) 全く考えていない。いずれはプロ野球選手になって活躍したい」 と話し 「好きなチームは?」 と聞かれると 「巨人です」 と即答。 「巨人に行きたいか?」 と念を押されると 「はい、行きたいです」 と無邪気に答えた。

これに仰天したのが日本高校野球連盟。 「ドラフト制度があるわけですから、選手たちには、仮にプロ志望届を提出した後であっても、特定の球団名をいうのはダメだと、各都道府県連盟を通じて通達しています。球団ではなく “プロ野球” というひとつの会社に就職するものと認識しています」 (竹中雅彦事務局長) という大義名分があるからだ。 

同事務局長は 「吉田君はU18アジア選手権 (9月、宮崎) の日本代表に選ばれていて、今月25日から合宿も始まりますから、そこで注意しようとは思っています」 と明言。

もっとも、きつくおきゅうを据えるつもりはない。 「今回は報道陣に乗せられた面もあって、思わず好きな球団を口にしてしまったと把握しています。急に注目され慣れていないところもあるでしょう。怒るつもりはありません」 と理解を示す。 

一気にスターダムにのし上がり、周囲のヒートアップについていけていない吉田の事情を考慮した粋な “大岡裁き” といったところか 


ドラフト制度があるわけですから、選手たちには、仮にプロ志望届を提出した後であっても、特定の球団名をいうのはダメだ  高野連にそのような決まりがあるとは知らなかった。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック