お魚くわえたトラネコ

腹筋運動に励む猫」について

そのネコは後ろ足で立つと、ニジマスの入った青のバケツをジッとのぞき込んだ。そしてやおら手を入れると、白刃一閃、その口にはビチビチと動くニジマスがくわえられていた。すぐさま脱兎のごとく駆けていく。

「あっ!」

職員の齋藤喜英さんが後を追って走り出した。お魚くわえたトラネコを追っかけるところなんて初めて見る光景だった。 

宇都宮動物園 (宇都宮市) にいるネコの園長・さんた (年齢不詳・雄) の取材中の出来事だった。冬場だけオープンしている 「釣り堀」 が大好きだということで、撮影用にバケツにニジマスを入れてもらった。そのニジマスを眺めるさんたを撮ろうとしていたのだが……。人間の園長  の荒井賢治さんが笑う。魚をくわえると、物置きの裏へ猛ダッシュするさんたに 「普段はそんなことしない。こいつ、役者ですよね」 

さんたは2013年のクリスマスの日、動物園の前に段ボールに入れられて捨てられていた。どこかで飼われていたのだろう、既に大人で、体はやせていた。動物園にネコが捨てられるのは珍しくなく、通常は保健所へ連れていかざるを得ない。ほかの動物へ病気が感染する可能性などがあるからだ。けれどもそのときは違った。

この子には特別なものがある。みんなで面倒をみるから、この子は助けたい

職員の1人が懇願したのだ。その思いに園長も特別に了承し、事務所で飼い始めた。 「タダ飯は食わせねえぞ」  と、14年2月2日にネコの園長  として就任した。

「さんたに取材が入って、動物園の知名度が上がりましたし、来場者も少しふえました」

荒井さんはそう喜ぶ。さんたは、普段は園内をパトロールしたり寝ていたりするが、客がさわっても、じっとしている。事務所には 「園長いますか」 と、さんた目当てに訪ねてくる人もいる。


ちなみに、冒頭のニジマスは食べる前に齋藤さんに取りあげられた。   

   
https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDgyNS0wMDAxMDAwMC1zaXBwby1saWZlLnZpZXctMDAy;_ylt=A2RACiA1uoZbWzkAdRkIPv17 


「もうちょっとやせてたら、食べさせてもいいんだけど……」 ガリガリだったさんたは、みんなにかわいがられ、6キロのふくふくしたネコになった。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • お魚くわえてノシノシ

    Excerpt: 「お魚くわえたトラネコ」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2018-10-14 23:59
  • 滑りながら寝るキツネ

    Excerpt: 「お魚くわえたトラネコ」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2018-11-01 23:44