高速バス道間違え、夜の山道で立ち往生

8月26日の日曜日、白浜から大阪に向かっていた高速バスが渋滞を避けようとして山道に入り、車体を岩にこするなどして立ち往生していたことがわかった。道の脇には崖があり、あわや転落という事態に、乗り合わせた乗客が恐怖の瞬間を語った。 

「高速バス道間違えたみたいで山で遭難中。怖いよーどこだよここ(泣)」 (乗客のツイート

26日日曜日の夜、和歌山県白浜町から大阪駅に向かっていたJRの高速バスが山道で立ち往生した。バスは午後6時過ぎにアドベンチャーワールドを出発、乗客38人を乗せ、午後10時大阪駅に到着する予定だった。ところが高速道路は行楽帰りの車で大渋滞。そこでバスの運転手 (50代) は 「迂回するので道を指示してほしい」 と会社に連絡し、会社は御坊南インターで降り下道を通って川辺インターに戻るルートを指示した。その迂回路は、高速が渋滞した時にはよく使われる道 (県道193号) だといい、危険な印象はない。 

しかしこの後、運転手は道を間違えて、本来、左に曲がらないといけないY字路を右に曲がってしまった。誤って進入したのはガードレールもない山道で、道幅は車ちょうど1台分しかない。

「このタクシーでも幅がギリギリですよね」(記者)
「高速バスの運転手さん、かなり不安だったでしょうね」(地元の運転手)
 

暗闇の中、細い山道を進み続ける高速バス。当時バスに乗り合わせていた女性が、その恐怖を語った。

「だんだんバスの車体に木がぶつかるような音がして、周りの様子を見たらすごい山の中で 『こんなところ通るんかな?』 と思って。隣に座っていた人が 『これやばいんちゃうか?』 と運転手さんにいったら、運転手さんが 『そうですね、道間違えました』 って」 (乗客の20代の女性)  道のすぐ左手には崖が見えたという。 

「ガードレールをこすったりして、やばいってなった段階で、一旦バスがとまったんですけど、そうしたら横が崖で。崖のところにとまったときは (乗客が) 『降ろしてくれ!』 『ドア開けて!』 って懇願するような声が上がった」 (乗客の女性) 

結局、バスはその場で立ち往生。サイドミラーは折れて破損し、車体は何かにこすれてへこんでいた。一時は乗客がバスの前を歩き、バスを誘導する場面もあったという。 

「運転手さんも 『こうしましょう、ああしましょう』 っていうんですけど、乗客によっては 『あなただけの判断では信用できないから警察に連絡します』 っていったり」 (乗客の女性)  

結局、バスはその場で1時間ほど待機することになった。警察や消防も駆けつけ、乗客は運行会社が手配したタクシーに乗り換えたという。幸いけが人などはいなかった。 

「そのときはすごく怖くて、こんな体験二度としたくないって思うんですけど、今はもう (大丈夫)、全員無事でしたし…」(乗客の女性)  

運行会社によると、バスにカーナビはついておらず運転手は分岐点にある標識を見落としていたといい、「お客様に深くお詫び申し上げます」 とコメントしている。


崖のところにとまったときは降ろしてくれとか、ドアを開けてと懇願するとか、臨場感のあるやりとりに鳥肌が立つ。  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 交通事故死は突然に

    Excerpt: 「高速バス道間違え、夜の山道で立ち往生」について Weblog: おのじゅん 小野口純子 racked: 2018-10-30 19:11