樋田容疑者 自転車で逃走

留置場の内部事情まで公開する必要なし」について

加重逃走容疑で30日に再逮捕された樋田淳也 (ひだ・じゅんや) 容疑者 (30) は、愛媛県で出会った自転車旅行中の男 (44) と約3週間、野宿しながら旅をしていた。樋田容疑者の自転車には 「日本一周」 「出会い旅」 「和歌山発」 と書かれた看板が取りつけられ、和歌山県から近畿・中四国を走破したように装った日本地図も記されていた。大阪府警は、樋田容疑者が四国からしまなみ海道を経由して本州に渡ったとみて逃走ルートの詳細を調べている。

   
https://traffic.outbrain.com/network/redir?p=NXKErnpaqINdo7Nu8CNYtNd4C3UUvnZhAMcRtjL52Oula49l9c-c9K2Q_PuEdKBbRTO3Tqo_X0Akdk3HyyOTXhnASnBTHcubcf8IHdHB9442T9W8MTUb90BRVcy41FmYBSgjQPDeuLCLgB7RbW9Mnj0ybFt4L2N-LdF40iMSICWKjkSHalqbrL4S5s4y5mens6OQYmd5UoTnnKgMTr93pQpE51P1Ef4ZdR9mARV-03RKn9Vlk6KwJ85DiRp9ZO5GMLu-TqRp-V27iTJZTmLk0NmNLBkiMPZKg4kCde1wx6MwqGcaWFAHN4OCBu6BXiowsPdnhs2y3immHVhl2FqKAgaGoG9wHDZQDh8OQ8jK6mPcKHfgCEsFljb8SKYlwPGiZG1xfWN58Y8qds05A9qlDdUtHU0Flz7feVsRFCkXgzjQ4El6MuUobxJDpBjSYpz7Q9EuoycSmqNO_URHRcFCo8Vrp8JH_qZlJkkoNh4TaYmzLPD9VzM0Uxlw454lat5AYBWNTkLqC9fGXAEPpqmg1GGb0EGVwFiVzIh0fIRsfpm7LVH_nGv3XHRk0jHXP01iA04puz3xIvdusLO1HCCBN7kv0DMuIZz30BusN_6Xw0Z6Z7NCc_gnITnDpKi2qbppEAnLkbpg-ehbA1n3pzCBcg0b_F76ApvS7uj9cWuL8X41ZsHzO265xER0TQQAqmUhHyI_R_rnsx-jWAP_JD5YCFuplokyD0qCp2N_m9_bWqdyeBiQonktBIeL2Xxcq72D4PEosnocTyiAF6xOJymeMfxSvAoBkmBCmlfz5MTwSPJzzfOLdAIpoXmqkWw9e2G3a2uPFse2BbX4_PlOf01Pt9MAm6pR555tCEYS1cB3HTSyJOCtM-PVNSitBzbeg4WivgIr5ap_MIjaxHmHEAJJhVM9tk7fg-idDPaBBJtrss4&c=d8bab908&v=3 


この自転車にくくりつけられた荷物の多さに驚いたが、もっと多くの積み荷の自転車を見て眼を丸くしたことがある。 

蒲田で下車して整形外科に向かう途中、自転車の前ハンドルの両側に大きなごみ袋 (100リットルくらい入るビニール袋) を下げ、荷台には1メートルくらい長さを延長できる金具を取りつけて2個ずつ2段に積み上げ、さらに荷台の両側に1個ずつ、合計8個のごみ袋を自転車に積み込んで、彼はそのおびただしいビニール袋に埋もれるようになりながら転びもせずに走っていた。   

住民が出した資源ごみが回収される前に持ち出しているらしい。 それはそれで生きる知恵と体力だ。生きるということはすごいことだと感心した覚えがある。 

私は自転車に乗ることが怖いし (地面に足が着いていないので体が宙に浮くし  ) 前後に買ったものを積んでいるだけでびくびくしていた。   

逃走犯もそれなりに一生懸命生きようとしていたのだろう。でも、それは犯した罪を償ってからで、順序が間違っている。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック