羽生結弦の髪型 またおっさん風に

羽生結弦の髪型」について

「フィギュアスケート・ロシア杯」(17日、モスクワ)

またおっさん風な、額を丸出しにした髪形で男子フリーに出場した羽生結弦。そのせいかどうか、また公式練習中に転倒して右足首を負傷した。ほら、やっぱりその髪型はだめだっていっているのに。  

その練習中は額丸出しではなかったが、何かが働くような気がしてならない。スケート競技に出るときは、封印して。お願い。  


ドクターの診察を受けた羽生は、全治3週間。さらに 「今、滑ったら悪化する」 と告げられ、厳しい選択を迫られた。欠場し、12月下旬の全日本に備えるという選択肢もあった。しかし、羽生が選んだのは、ロシア杯を滑り切ることだった。 
 
SP首位の羽生は転倒があったものの167・89点、SPとの合計278・42点でフィンランド大会に続くGPシリーズ連勝を果たし、日本男子初の10勝目を達成した。  上位6選手が出場できるグランプリファイナルの出場も決めた。 

しかし、結果よければ全てよしというわけにはいかない。平昌五輪前に負傷した古傷でもある右足首を再び負傷したわけで、回復しないまま続けているため微妙に足首の向きが異なっているのではないか。それで何度もけがにつながるような気がする。 

全治3週間と診断された中での魂の演技で優勝したが、GPファイナル (12月6日開幕、カナダ・バンクーバー)、全日本選手権 (同月21日開幕、大阪) 出場は厳しい状況となった。  無理して出なくていい。無理を重ねていると取り返しがつかないことになると、経験者は語る   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック