雨水入った水を調理や飲み水に使用

札幌中心部に先月オープンした市民交流プラザのレストランで、雨水などが混じった水を客に提供していたことがわかった。 原因は配管工事のミスだった。 

札幌市によると、配管工事のミスが明らかになったのは、札幌市民交流プラザ2階のレストラン 「ダフネ」 で、 今月13日、レストランの水道使用量が計測されていないため施工業者が調べたところ、水道水の配管に、雨水や地下水が混じる、トイレの洗浄水の配管が誤ってつなげられていた。 

レストランは先月7日のオープンから、雨水が混じった水を調理に使ったり飲み水として客に提供していたりしていた。水質検査の結果、飲料水の水質基準を満たしていて、この水を飲んだ客や従業員から健康被害などの報告はないということだが、トイレの洗浄水を飲んだり食べたりしていたと思うと、気持ちが悪い。  

1カ月以上もそのような状態だったとすれば、そのレストランを利用した人は今ごろゲッゲッと吐き出したい思いだろう。

ああ、札幌に行かなくてよかった。   今後も行く予定はないけど …… 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック