くまモンがブラジルへ海外出張

熊本県のマスコットキャラクター 「くまモン」 が3日、ブラジルのサンパウロで南米デビューを果たした。県営業部長を務めるくまモンの海外出張は17カ国・地域目。県はくまモンの海外商標事業に取り組んでおり、小野泰輔副知事は 「地元企業から使いたいという話があれば、商標権を守る体制を整えてから対応したい」 と世界展開に熱を込めた。


くまモンはブラジル熊本県人会の創立60周年と、熊本県人ペルー移住115周年を祝うため、地球の裏側へ。サンパウロの 「ジャパン・ハウス」 を訪れ、市民らにもみくちゃにされた。

くまモンに抱きつかれたイザドラ・オリベイラちゃん(2)は 「かわいいけど怖い」 と泣き出したが、父親のマルセロさん(30)は 「日本のアニメになれたブラジルでも人気者になるよ」 と太鼓判。駐在員一家で会いに来た外山弥太郎君(5)は 「プニプニしていた。普通の人が入っていた。 (ライバルのゆるキャラ) ふなっしーより格好いい」 と話した。 

くまモンはデザインも色合いシンプルで、それでいてかわいい。私も好きだ。   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック