火災の民家に蛇100匹

アザラシの鼻の穴にウナギが」について

米テキサス州でこのほど、民家で火災が発生し、駆けつけた消防隊が家の中にいた100匹以上の大型蛇などを素手で救出する出来事があった。  


火災は先の週末にヒューストン郊外の民家で発生した。駆けつけた消防隊が家の中に入ったところ、100匹以上のヘビやトカゲなどの爬虫 (はちゅう) 類を発見した。 「トカゲの数はわからない。蛇たちの方は、煙が充満した家の中ではい回る様子を見れば、どんな人でも心臓発作を起こすような大きさだった」。 レイモンド・フラネリー消防署長はそう振り返る。

CNN系列局のKTRKによると、中には体長1.5~1.8メートルのニシキヘビボアやコンストリクターも数匹いた。ガラスケースの中にいたものの、救出が必要な状況で、消防士たちが住人の助けを借りて運び出したという。

「犬や猫ならまだしも、蛇は全然別の生き物だ」 と消防士はぼやいている。消防局はフェイスブックに 「消防士には、やりたくなくてもやらなければならないことがある」 と書き込んだ。

住宅は損傷が激しく、一家が失ったものは大きかったが、それでも消防隊が自分たちのペットを救出してくれたことを喜んでいるという。 

フラネリー署長はいう。 「なぜこれほどたくさんの蛇がいたのかについて、家主はあまり語りたがらなかった。ただ私たちに、蛇は制服姿の人を嫌う  と告げた」 「それでも消防士として、我々はどんな相手でも助けるために全力を尽くす」

KTRKによると、爬虫類のうち数匹は助からなかったが、救助された蛇などは地元の施設に移され、大丈夫そうな様子だという。

出火当時、住人は不在だった。2匹の飼い犬は脱出して無事だった。

出火元はクリスマスツリーの照明だったことが判明。消防署は、クリスマスツリーの照明を消し忘れないよう呼びかけている。


   
https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MTIxMi0zNTEyOTk5OC1jbm4taW50LnZpZXctMDAw;_ylt=A7dPJhyoYBZcABQAvxD9luZ7

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック