人工流れ星なんて夢がない

☆が私の手元に降ってきた」について

ご希望の日時にお望みの場所で流れ星を。こんな風変わりなビジネスに花を咲かせようと、ベンチャー企業が開発した 「人工流れ星衛星」 が18日、小型ロケット 「イプシロン」 で打ち上げられる。人工の流れ星を降らせる世界初の試みで、来年春に国内で観察イベントを開催する計画だ。 

流れ星 (流星) は夜空に点状の光が現れ、一瞬で移動し消える自然現象。正体は宇宙空間を漂う直径1ミリから数センチ程度の流星物質と呼ばれるちりが、地球の大気に飛び込んで高温になり気化し、その成分が発光するものだ。 


毎年8月のペルセウス座流星群、11月のしし座流星群などが有名だ。  ちりと聞いただけでも夢が失われたと思っていたのに、人工の流れ星を降らせる試みがあると聞いてがっかりした。  

天然の流れ星は数秒しか光っていないというが、人工の流れ星は10秒くらい光るそうだ。願い事を3回唱えるとかなうといわれているが、幾つも願い事をいって全てかなってしまったら無気力な人間ばかりになってしまう。 私は人工の流れ星など夢のないものは絶対に見ないことをここに誓います。  なんて、力むこともないけれど 

打ち上げられて楽しむのは花火だけで十分だ。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック